ウコン@完全ガイド:その効果・効能にせまる

ウコンの効果

■抗酸化

ウコンの効果として挙げられるのが、「抗酸化作用」です。ウコンの色素成分であるクルクミンには、非常に強い抗酸化作用が あります。

抗酸化作用を期待するのであれば、秋ウコンがオススメになります。秋ウコン以外にも多くのウコンが存在しています。ウコン の数を上げると、20種類以上挙げる事ができるほど多くのウコンがあります。ウコンの中でも日本人が馴染み深いのが、「秋 ウコン」です。秋ウコンが抗酸化作用に効果がある理由が、薬効成分である色素のクルクミンが豊富に含まれているからです。

クルクミンによって、抗酸化作用が期待できるのでウコンを摂取するのであればクルクミンが多く入っている秋ウコンになりま す。春ウコンも効果があると言われていますが、秋ウコンと比べるとクルクミンの量は少ないので、抗酸化作用を期待している 人は秋ウコンを摂取していきましょう。

抗酸化作用の効果が期待できるクルクミンですが、それ以外にも老化の原因となっている活性酸素に直接働きかけて無毒化する 力も持っています。それ以外にも、人間が持っている抗酸化酵素の活性を高めてくれる力も持っているのです。抗酸化酵素を高 める事によって、どのような効果が得られると思うでしょうか?抗酸化酵素を高める事で、生活習慣病の予防にも繋がっていき ます。

これだけ素晴らしい効果を得る事が出来るのが、ウコンに入っているクルクミンです。抗酸化作用があるウコンのクルクミンで すが、それ以外にクルクミンが入っている健康食材はないのか?と考えられたと思います。残念ながら、クルクミンが入ってい るのはウコンだけです。この点も、ウコンが健康食材として人気を集めている秘密と言えるでしょう。クルクミンを摂取して体 を守っていきましょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 ウコン@完全ガイド:その効果・効能にせまる All Rights Reserved.